飛行機・空港の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空の入社式にボーイング747

全日空は今春、客室乗務員を20年ぶりに入社時点から正社員として採用し、437人が入社しました。(全体では、1089人が新入社員として入社しました。)

入社式は、前日に最後のフライトを終えたばかりのボーイング747(ジャンボ)をバックに行われました。

入社式後には、退役したボーイング747にメッセージを書き込む新入社員もいたようです。→ranking



記事はこちら↓
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/04/01ana/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

さよなら、ボーイング747 全機退役

昨日(3/31)、ANAの最後のボーイング747の最終便が那覇から羽田に15時15分頃着陸し、ボーイング747は44年間の歴史とともに全機退役となりました。

ボーイング747は、私の人生の節目節目で乗った機体でした。

私は、旅客機の中でボーイング747が本当に好きだったので、寂しいものがあります。

さよなら、ボーイング747。

そしてありがとう、ボーイング747。→ranking



3月31日羽田-那覇便の記事はこちら↓
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140331_642054.html

3月31日那覇-羽田便の記事はこちら↓
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140331/Jiji_20140331X294.html

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

JALの「ありがとう、ジャンボ」

ANAのボーイング747-400の全機退役が今日(3月31日)となりましたが、その前に、既に全機退役したJAL BOEING 747-400の「ありがとう、ジャンボ JAL BOEING 747-400」という本をご紹介したいと思います。

2011年3月1日13時過ぎ、JALのボーイング747-400(通称:ジャンボ)の国際線・国内線ともに全ての運行を終えました。

成田空港では、ジャンボに携わり、愛してきたJALの様々な部門の人達が集まり、1970年から約40年という長きにわたって活躍してきたジャンボの労をねぎらいました。

この本は、こうしたジャンボ運行終了までの実録と、メカニック、キャビン、座席、座席配置図、歴史等を、たくさんの貴重な写真とともにまとめています。

私は、人生の要所、要所でこのジャンボにお世話になりました。

JALのジャンボの最後の雄姿をきれいな写真とともに見たい方、ジャンボとの思い出を振り返りたい方は必携の本です。自信を持ってオススメします。→ranking



↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ANA ボーイング747-400(ジャンボ)全機退役

2014年3月31日をもって、ANAのボーイング747-400、通称ジャンボは全機退役してしまいます。(新聞・テレビ等で報道されると思います。)

私は、他の飛行機はそれほどではないんですが、ボーイング747-400だけは特別好きなんです。形が好きなんですね。

実際にお世話になってきたから、寂しさがあります。

既に、JALの747-400は全機退役していますので、今度の3月31日には、日本の航空会社からボーイング747は全て無くなってしまいます。

時代の流れを感じますね。

やはり、機体の老朽化と、新鋭機の燃費の良さには勝てないのでしょうね。→ranking



ボーイング747-400退役のホームページはこちら↓
http://www.ana.co.jp/thanks_jumbo/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。