テニス(情報)の記事 (1/4)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダバディさん

ダバディさんといえば・・・。

私はWOWOWのテニスの四大大会でキャスターとインタビューをする人というイメージが強いです。

フロラン・ダバディ(Florent Dabadie、1974年11月1日生まれ)は、フランス・パリ出身のキャスター、ジャーナリスト。

彼の父は、作家・作詞家のジャン=ルー・ダバディ(ミッシェル・ポルナレフの数々のヒット曲の作詞でフランスでは広く知られているそうです)。

フロラン・ダバディは、サッカー日本代表監督だったフィリップ・トルシエのアシスタントを務めたことから、日本での知名度を上げました。

ですから、トルシエのアシスタントとして覚えている人も多いかもしれませんね。

とはいえ彼は、今ではWOWOWのテニスの四大大会には欠かせない存在です。→ranking

ダバディさんのデータはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%90%E3%83%87%E3%82%A3

ダバディさんのホームページはこちら↓
http://dabadie.tv/

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014デビスカップ準々決勝3日目の内山靖崇とダニエル太郎

今日(4月6日)は、2014デビスカップ準々決勝・日本VSチェコの3日目の試合が有明コロシアムで行われました

昨日(4月5日)、日本はチェコに0-3で、負けが確定してしまいましたので、今日の2試合(3セットマッチ)のシングルスは、日本がチェコに一矢を報いることができるかにかかっていました。

第4試合は、日本の内山靖崇(世界ランキング268位)と、チェコのルーカシュ・ロソル(世界ランキング40位)の対戦でした。この試合で、内山は3-6、6-3、4-6で負けてしまいましたが、一進一退の展開でしたので、ランキングの差を感じさせないほどの善戦だったと思います。

そして、私が大注目していた、第5試合は、日本のダニエル太郎(世界ランキング190位)と、チェコのイリ・ベセリ(世界ランキング67位)の対戦でした。この試合で、ダニエル太郎は4-6、4-6で負けてしまいましたが、あのしなやかなラケットさばきで、ストロークエースを取る場面もたくさんありました。でも、この前のルーカシュ・ロソル戦と比べると、ここぞという場面でのミスがちょっと多かったかなという印象でした。

でも、今日の最終日、ともに21歳の若い選手がよくがんばったと思います。

ダニエル太郎は、今日の試合後のインタビューで、とても楽しめたし、最高の舞台でプレーできてとてもうれしかったと言っていました。

私は、これからもダニエル太郎に注目していきたいと思います。

勝負としては0-5でチェコに負けてしまいましたが、とても収穫の多い大会だったと思います。今後の日本に期待できます。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014デビスカップ準々決勝・日本VSチェコ・第3試合の結果

今日、4月5日は、2014デビスカップ準々決勝・日本VSチェコの2日目、第3試合のダブルスが有明コロシアムで行われました。(デビスカップはWOWOWで放送中です。)

日本は伊藤竜馬、内山靖崇組、チェコはルーカシュ・ロソル、ラデク・ステパネク組という対戦でした。(この試合で、第3セットの初めから、天皇・皇后両陛下がご観戦されました。)

日本は善戦しましたが、4-6、4-6、4-6というストレートでチェコに敗れ、トータル0勝3敗で準々決勝敗退が決定してしまいました。

明日(4月6日)は、残りの第4試合と第5試合のそれぞれシングルスが行われます。

既に準々決勝敗退は決定したものの、特に第5試合の日本のダニエル太郎と、チェコのラデク・ステパネクの対戦は、要チェックです。

ダニエル太郎が、デビスカップで歴史的な1勝をあげられるか大注目です。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダニエル太郎は近年稀に見る逸材

昨日、4月4日から、2014デビスカップ準々決勝・日本VSチェコが有明コロシアムで始まりました。(WOWOWで放送中です。)

昨日の第2試合で登場した、日本のダニエル太郎(世界ランキング190位)は、チェコのルーカシュ・ロソル(世界ランキング40位)に対して、セットカウント2-3で惜しくも、負けてしまいましたが、そのプレーは初めてのデビスカップ出場ということを感じさせない堂々としたものでした。

彼は、アメリカのニューヨークで生まれ、父がアメリカ人、母が日本人という家庭で育ったハーフです。7歳でテニスを始め、14歳でスペインのバレンシアに渡り、現在ダビド・フェレールが所属するアカデミーで練習をしています。

スペインといえば、コートサーフェスは、クレーということで、彼のプレーもかなりクレーコートプレイヤーっぽいスタイルです。

今までの日本の選手には、あまり見られなかったような、ベースライン後方でつなげてつなげて、機を見て、ストロークエースを狙ったり、パッシングショットを放ったりといったプレースタイルです。

そんな彼のプレースタイルが私には新鮮に見えました。

それと、彼の、手首が柔らかく、体も柔らかい、独特のショットは目をひきます。

さらに、精神力がハンパではないです。昨日の試合でも、はるか格上の選手に2セットダウンから、2セットオールにまで戻すタフさは、錦織のそれを上回るのではないかと思わせるほどです。

これも、クレーという遅いコートを長く経験してきた彼独特のものだと思います。

彼は、明日4月6日最終日の最終試合(第5試合)に、今度は、ラデク・ステパネク(世界ランキング47位)と対戦します。

まだ、彼のプレーを見ていない方は、ぜひ、見てみて下さい。近年稀に見る逸材です。

ちなみに、今日、4月5日は第3試合のダブルスが行われます。

これを落としたら、日本はチェコに負けてしまいます。

まずは今日のダブルスで日本が勝てるよう応援しましょう。→ranking

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

錦織圭に代わって出場しているダニエル太郎がすごい!

今日、4月4日から、2014デビスカップ準々決勝・日本VSチェコが有明コロシアムで始まりました。(WOWOWで放送中です。)

第2試合は、日本のダニエル太郎(世界ランキング190位)と、チェコのルーカシュ・ロソル(世界ランキング40位)の対戦が行われました。

錦織圭の代わりに出場したダニエル太郎は、初めてのデビスカップ出場ということもあり、全く聞いたことがない選手だったので、あまり期待しないで観ていたのですが、この選手すごかったです。

第1セット4-6、第2セット4-6と落として、このまま終わってしまうのかなと思ったら、ここから驚異的な粘りを見せました。

初めてのこのように大きな舞台で、ストロークエース、パッシングショットを連発し、第3セット6-3、第4セット6-4と取り返したのです。

しかし、最終セットは、あと一歩力及ばず2-6で落として、セットカウント2-3で負けてしまいました。

彼は、柔らかい体を使って、伸びのあるいいショットを放ちます。

ランキングがはるかに上の相手との打ち合いにも負けませんでした。

ダニエル太郎、忘れられない名前になりました。

今日、第1試合、第2試合を落としたので、明日(4月5日)第3試合のダブルスを落としたら、おしまいになってしまいます。

明日のダブルスで日本が勝てるよう応援しましょう。→ranking

ダニエル太郎のデータはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%A4%AA%E9%83%8E

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓1日1回、応援の1クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。